初めての○○してみた

社会人が働きながら初めて普通免許取りに行く話【仮免許取得まで】

実は27にして免許を持たず、自転車という名のマイカーを毎日こいで通勤しているのですが、免許とらないと今後困りそうな気がしたので、働きながら教習所に通うことにしました。
同じように働きながら免許取得を目指している方の参考になればいいなと思って自分の免許取得まっでを書き綴ってみようと思います。

入校する前に受付をしてきた

私が行った教習所では入校日の曜日と時間が決められていて、入稿日の前日までに受け付けを済ます必要がありました。
受付で何をやったかというと

・申込書の記入

・支払い

・視力検査

・軽い身体テスト

申込書は住所・氏名・電話番号・取りたい免許の種類・オプションの有無などを記入します。
その後視力検査、色覚検査(正しく色の判別ができるかどうか)、軽い身体テスト(首が回るか、指の折り曲げを滑らかにできるか、屈伸が」できるか)をやって、ここで大金のお支払いの時間です。

学校によっては追加教習に対してのオプションがある

学科(教室での座学)と技能教習(実際に車を運転する)はそれぞれ最低時間数があります。
技能教習は12時間を越えると追加教習(補習)になり追加料金を払わないといけません。
私の行った教習所はオプションで定額プランがあり申し込み時に最低必要金額に+2万払えば何度追加教習を受けても追加料金は請求されないというプランでした。
自身がなくて何度も落ちそうな気がする人はそういうプランがあれば申し込むのが安心です。
私は何故か無駄にやる気と自信があったので、オプションはつけませんでした。
目指せ、ストレート合格!!
私は仮免一回落ちましたww

料金のお支払いです

支払いは現金かクレジットカード払いを選べました。
私はクレジットカードで支払いをしました。
高校生ではできない支払い方でちょっとだけ大人な気分です(笑)

しかし、昔は年齢+αが免許に必要なお金と言われていたそうですが今では余裕で年齢超えますよね。
2019年3月23日現在、支払った金額は税込みで約30万でした。

これで入校前の受付は終了です。
あとは決められた入校日に時間通りいきます。
私の場合は翌日の9時30分からでした。

初日は説明と適性テストと学科1を受ける為3時間拘束

いよいよ入校です。やっと免許を取るためのスタートラインに立ちました。
しかし、たかだか入校の説明だというのに無駄に胸がざわつく私のチキンな心w
説明受けてるだけで蛙みたく胃袋が口から出るんじゃないかと思うぐらいの不快感がありました(笑)

まずは説明と適正テストで1時間

説明を軽く受けた後はOD式安全適性テストというマークシート式のテストをやりました。
テストとはいうものの点数がつくわけではなく、結果によって入校できないなんてことはありませんので安心してください!
ちなみに割とすぐにテストの結果がわかります。
項目は運動機能について、心身の健康状態についてなどです。
余談ですが、私は運動機能の項目が全て一番下か二番目に下のランクで下に総合コメントがあるのですがボロクソに書かれてました(笑)

ここで最初の1時間が終了です。

教習所の基本説明で1時間

次にテストが終わったらそのまま、教習所の説明になります。
これは取得免許の種類によって教室が分かれました。
どうでもいい話ですが、私が行った時は最初教室に十数人いたのですが、教室が分けられた時、普通免許の説明を受けにきたのは私一人でした(笑)
まさかのいきなり教員とマンツーマン状態です。
これで2時間目は終了。

学科1を受けて初日は終了!

最後に学科1を50分受けて初日の3時間拘束は終了です。
これも私はマンツーマン指導を受けました。

あとは自分で学科や技能教習の予定を立てましょう。

第一段階の学科2~10と技能教習を12時間受ける

3時間拘束が終了したらここからは自分の好きに学科や技能教習の予定をたてられます。
学科は第一段階は1~10までが必須です。
11~26は第二段階に進まないと受講できません。

学科の1は初日に受講していますので残りの2~10を受けます。

学科は順番に関係なく受けられる

学科は2~10の順番通りに受ける必要はありません。
自分が受けられる学科はどんどん受講しちゃいましょう。
しかし、先ほども言ったように11~26は第二段階に進まないと受講できません。
焦らずにまずは第一段階の修了を目指しましょう。

技能教習は1日2時間まで

技能教習は予約制で第一段階では1日2時間までしか乗車できません。
なので最低12時間乗る必要があるので最短で6日かかります。
実際は毎日2時間ずつ乗車することは困難なのでもうちょい日数がかかります。
そしてここで一つ注意!最後の12時間目は学科でのテストを合格してないと受けられません!

私の通う教習所はネットのテストを1回、筆記のテスト(効果測定)を2回合格しないといけませんでした。
効果測定=学科の筆記テストです。50問あり、1問2点の100点満点中90点以上取れれば合格です。
ちなみに私は4回落ちました(笑)
だけど最初にもらった問題集をしっかりやったら普通に合格できました。
問題の9割は問題集からの出題だったようです。

最初から勉強しろよってことですね。

筆記と言っても正しいか誤りかの二択なので文字を書くことはほとんどありません。
名前と日付と教習生番号くらいです。

いよいよ修了検定


学科テストを合格し、第一段階の学科と技能教習も全部受講しました。
いよいよ仮免取得のための修了検定です。
修了検定を受けるためには前日の17時までに申し込みをしなきゃいけませんでした。
申し込みを滞りなく済ませ翌日には修了検定です。

検定当日の流れ

私の通う教習所は一日がかりで検定を受けます。
私の一日の流れはこうでした。

9時30分 集合・検定料の支払い・検定の説明

10時頃 検定開始(乗車 100点からの減点方式 70点以上で合格)

検定終わり次第結果待ち(不合格だと速攻で呼ばれて学科試験も受けず帰宅)

11時20分頃 合格した人は学科テストを受けるため教室に移動

11時30分頃 テスト開始(制限時間30分 全50問 45問以上の正解で合格)

12時頃 テスト終了 採点待ち(10分くらいで採点終了)

12時10分頃 結果発表後、合格者に第二段階の説明

13時前 仮免交付まで時間かかるから一時解散

15時15分 再集合。仮免交付

15時30分 学科25(2-15)受講

16時20分 終了

まず朝集合したら、検定料を払います。5400円でした。

最初の方に書いてありますが私は一度落ちてます。しかも技能テストです。
技能テストで落ちたら学科テストは受けず即帰宅です。
しかも、後日にもう一度テストを受ける為には1時間の技能の補習授業を受けなければなりません。
ここで追加料金発生です。技能教習の追加は5400円かかります。
私はその日のうちに補習を受けて翌々日の修了検定に申し込みしました。
1万以上の予想外の出費はかなり痛いです。定額のオプションつければよかったとかなり後悔しました。
皆さんは落ちないようにするor定額保障のプランに入るなどをオススメします。
技能テストが受かりましたら学科テストです。ここでも1700円払います。
無事合格したら仮免交付の為1150円払います。
地味にお金をむしりとられます。
その後学科25を受けて終了です。

やっと仮免取得しました!
私がここまでかかった日数は19日です。
これは割と土日と平日の仕事終わりにガツガツ通った感じです。私はあまり間をあけたくなかったので、ほぼ毎日通ってますが無理をせず通うのが一番大事ですよ!
これで教習所も半分終わりました。いよいよ路上教習が始まります!